所在地
Practice Areas
取扱業務内容

知的財産法

特許、商標、意匠、著作権、不正競争防止法に係る訴訟や税関における水際差止め等の大規模な知的財産紛争を代理するほか、知的財産に関する取引の交渉や契約書作成等の業務を行って参りました。
【知的財産関係訴訟等】
当事務所が最も得意とする分野の1つである特許関係訴訟(侵害訴訟・仮処分、無効審判・審決取消訴訟、仲裁、税関輸入差止申立事件等)では、弁護士と弁理士の協働により、ライフサイエンス、素材、機械装置、電気機器、電子材料、通信、ビジネスモデル等の幅広い技術分野に係る訴訟を数多く扱って参りました。その中には、バイオテクノロジーや情報通信等の最先端技術に関する案件や、標準必須特許に関する案件も含まれています。
また、営業秘密や模倣品に関する不正競争防止法関係訴訟、意匠権侵害訴訟、商標権侵害訴訟、著作権侵害訴訟についても、多くの実績を有しております。
【知財取引等】
業界慣習や関連技術に習熟した弁護士・弁理士が、知的財産に係るライセンス契約、技術移転契約、共同研究開発契約、コンテンツ/ソフトウェア製作契約のドラフティング、職務発明規程や秘密管理規程の整備等、知的財産に関する契約や規程類の作成、アドバイスの提供を行っています。また、豊富な知識・経験を活かして、契約関係の争訟や交渉の代理、交渉戦術に関するアドバイスの提供、企業価値を高めるためのブランド戦略等に関するアドバイスの提供を広く行っております。また、知的財産に絡むM&A案件やファイナンス案件等について、個々の技術分野や業務分野を踏まえた的確なサービスの提供を心がけております。
【弁護士と弁理士の連携】
権利化業務を担う知的財産部門を有する事務所の強みを生かし、法律部門及び知的財産部門の弁護士・弁理士がチームを組んで、緊密な連携の下、効果的かつ効率的にお客様の知的財産に関する問題の解決を図り、専門的な技術や複雑な法律上の論点に関わる案件に幅広く関与しております。また、知的財産に関する研究会を定期的に開催し、最新の重要判例の研究・分析のみならず、実務を通じて得た知識・経験を共有することにより、最新の情報を踏まえた最良のリーガルサービスを提供させていただくことを志向しております。
取扱業務内容一覧へ戻る
当事務所がもっとも力を入れている部門の
1つである知的財産部門のご紹介です
知的財産部門のご紹介