所在地
Attorney Profiles
弁護士
梶並 彰一郎
Shoichiro Kajinami
パートナー
経歴

2006年
早稲田大学理工学部電気電子情報工学科卒業

 

2009年
学習院大学法科大学院卒業、司法研修所(第63期)

 

2010年
弁護士登録(第一東京弁護士会)
阿部・井窪・片山法律事務所入所

 

2017年
ワシントン大学ロースクール(シアトル)卒業(知的財産法 法学修士号)

 

2017年-2018年
ピルズベリー・ウィンスロップ・ショー・ピットマン法律事務所(ニューヨーク)勤務

 

2018年
米国ニューヨーク州弁護士登録

 

2018年
テイラーウェッシング法律事務所(ミュンヘン)勤務

 

2019年
阿部・井窪・片山法律事務所勤務
米国ワシントン州弁護士登録

主な活動分野

大学時代に電気工学を専攻し、主にクリーンエネルギーに関連する半導体の研究に取り組んだバックグラウンドを活かし、特許、商標、営業秘密を中心に50件以上の知的財産関連訴訟を経験するとともに、倒産関連事件やM&A関連の業務など多様な企業法務案件を担当している。

 

また、2016年から2018年にかけて、米国のロースクールに留学し、米国及び欧州の法律事務所において勤務した経験を活かし、国際的な知的財産関連訴訟などの渉外案件に従事している。

政府関係委員会・教育等の活動

・早稲田大学 非常勤講師(オープン教育センター、知的財産担当)(2014年)
・神戸大学大学院法学研究科 非常勤講師(2016年)
・一橋大学大学院法学研究科 非常勤講師(「Legal Aspects of IP Strategy」EU IP Law /FRAND担当)(2019年)

主要著書・論文等

主要著書
・「契約書作成の実務と書式」(分担執筆)有斐閣

・「民法(債権関係)改正法案逐条解説」(分担執筆)清文社

 

主要論文等
・”First Judgement Applying Criteria of FRAND Declaration by IP High Court” Patents & Licensing (Vol.45, No.4 Issue No.260 December 2015) IP・L Communications

・“Some Main Laws to be Considered when Developing IoT business in Japan“ (Taylor Wessing “Plugin“ #14)
(https://iot.taylorwessing.com/some-main-laws-to-be-considered-when-developing-iot-business-in-japan/)

・「州の売上税課税権に関わる「接触(Nexus)」要件の解釈の変更と、州外・米国外の企業に対する課税権限の拡張」(Pillsbury Winthrop Shaw Pittman LLP “Legal Wire“ Vol. 48)(共著)
(https://japanese.pillsburylaw.com/sitefiles/22821/legal%20wire%2048.pdf)

・”Legal Analysis on Artificial Intelligence (AI) in Japan” Patents & Licensing (Vol.49, No.1 (Issue No.281) June 2019) IP・L Communications

所属団体等

日本国際知的財産保護協会(AIPPI Japan)