所在地
Attorney Profiles
弁護士
松田 世理奈
Serina Matsuda
経歴

2007年
東京大学法学部卒業

 

2009年
東京大学法科大学院卒業、司法研修所(第63期)

 

2010年
弁護士登録(第一東京弁護士会登録)、阿部・井窪・片山法律事務所入所

 

2014年
(財)知的財産研究所 IIP 知財塾(第8期)

 

2015年
経済産業省電力・ガス取引監視等委員会事務局取引監視課(課長補佐)

 

2017年
公正取引委員会事務総局審査局訟務官付(主査)、競争政策研究センター研究員

主な活動分野

独占禁止法、知的財産法、エネルギービジネス、M&A、不正調査、倒産、訴訟に関する案件などを中心に、多岐にわたる業務に携わっている。

 

独占禁止法の分野では、公正取引委員会において、個別案件のリーガルサポートや訴訟対応を行っていた経験を活かし、ビジネスの実態に即した実践的なアドバイスを行っている。

 

知的財産法の分野では、日常的な契約に関するアドバイスから特許法や不正競争防止法関連の訴訟対応まで、幅広い経験がある。特に、標準必須特許(SEP)に関する問題など、知的財産法と独占禁止法の交錯領域に詳しい。

 

そのほか、エネルギー(電力・ガス)事業及びその競争政策に深い見識を持っており、これらの事業に特化した独占禁止法の相談を受けられる日本で数少ない弁護士である。

所属団体等

競争政策研究センター 研究協力者

SEP研究会

実務競争法研究会

日本ライセンス協会

主要著書・論文等

「銀行窓口の法務対策 4500 講[Ⅴ]回収・担保権の実行・事業再生編」(分担執筆)金融財政事情研究会 2013年

 

「損害賠償額算定解説事例集」(分担執筆)新日本法規 2013~2014年

 

「契約書作成の実務と書式」(分担執筆)有斐閣 2014年

 

「法務リスク・コンプライアンスリスク管理実務マニュアル」(分担執筆)民事法研究会 2015年

 

「特許後のクレーム拡張制度の提案 〜レクサン事件控訴審判決を受けて〜」(共著)パテント68 No.12 2015年

 

「東京電力エナジーパートナー(株)に対する電気事業法に基づく業務改善勧告について」(共著)商事法務NBL No.1091 2017年

 

「エネルギー産業の法・政策・実務」(分担執筆)弘文堂 2019年

 

「異業種間の標準必須特許ライセンスに関する独占禁止法上の考察」(共著)競争政策研究センターディスカッションペーパー 2019年
【英訳版】
“Study of the Antimonopoly Act in Relation to Standard Essential Patent Licenses among Different Industries” (2019.7) (CPDP-72-E)

https://www.jftc.go.jp/en/cprc/discussionpapers/CPDP-72-E.pdf

 

「Consideration of Access for all/ License to all from the Perspective of Competition Law」 Patent & Licensing Vol. 49 No. 3 (Issue No.283) 2019年

 

「かけ算で理解する独禁法の道標4 知的財産権の取引と独禁法」レクシスネクシスジャパンBusiness Law Journal 2020年3月号

講演

「自由化後の電力業界及びガス業界の動向~卸市場の新たな動き~」競争政策研究センターBBL 2019年

 

「異業種間の標準必須特許ライセンスにおける独占禁止法上の論点」特許庁研修 2019年

 

日本ライセンス協会ICTビジネスWGパネルディスカッション パネリスト 2019年

 

「知的財産法と独占禁止法」公正取引委員会研修2019年