所在地
Attorney Profiles
弁護士
柴山 吉報
Kippo Shibayama
経歴

2011年
大阪大学法学部卒業

 

2012年
司法試験予備試験合格

 

2013年
東京大学法科大学院卒業

 

2014年
弁護士登録(第一東京弁護士会登録)、阿部・井窪・片山法律事務所入所

主な活動分野

主な取扱分野は、一般企業法務、人事労務、ベンチャー法務、事業再生、M&A等の各分野。IT企業のクライアントが多く、システム開発、AIのモデル開発及びデータの取引等の相談及び契約書の作成、知的財産戦略等に関するアドバイスなどを行う。機械学習エンジニアの資格(JDLA Deep Learning for ENGINEER 2020 #1)を有し、AIエンジニアとしての知見を用いて踏み込んだアドバイスを提供している。

 

また、企業の人事部に法改正への対応や労働時間管理等の各種アドバイスを行うなど、人事労務の分野において豊富な経験を有する。

 

先端的な事業を行うベンチャー企業からの規制法対応や上場支援等の相談を受ける一方で、窮境にある会社の事業計画の策定支援や金融機関との交渉等の事業再生分野の業務も行うなど、様々なフェーズの会社において、事業に深く関与した法的サポートを得意とする。また、事業再生のための組織再編など、多数のM&Aの経験を有する。

 

主要著書・論文等

・「経験者が語るQ&A 電子契約導入・運用実務のすべて」(共同編著) 中央経済社 (2021年)

・「第4次産業革命と法律実務-クラウド・IoT・ビッグデータ・AIに関する論点と保護対策-」(共著) 民事法研究会 (2019年)

・「未履行契約の後処理と条項見直しの視点」 ビジネス法務2020年9月号

・「読者の悩みを解決!立会人型の『電子契約』運用Q&A」(共著) ビジネス法務2021年5月号

・「Q&A AIの法務と倫理」(共著) 中央経済社(2021年)

・「カメラ画像等の利活用時における企業の対応事項」ビジネス法務2021年9月号

ほか多数。

講演・取材等

・AI、システム開発、個人情報保護法、下請法、労働者派遣法、契約実務等のテーマで多数の講演実績がある。

・NewsPicks・MIMIR「【対談】ロボット産業は2035年に9.7兆円規模へ 成長の前に横たわるこれだけの法制的課題