執筆・講演

書式 告訴・告発の実務〔第五版〕―企業活動をめぐる犯罪対応の理論と書式
書式 告訴・告発の実務〔第五版〕
―企業活動をめぐる犯罪対応の理論と書式

著者等

【編集代表】

井窪保彦

【分担執筆】

井窪保彦 須崎利泰 飯田岳

目次

第1部 告訴・告発の基礎知識
 第1章 告訴・告発実務の基礎
 第2章 告訴状・告発状の作成と提出
 第3章 警察からみた知能犯罪にかかる告訴・告発の現状と問題点
第2部 具体的事犯における告訴・告発の実務
 第1章 商取引における犯罪
 第2章 役職員の不正行為
 第3章 金融商品取引法違反の罪
 第4章 民事介入暴力
 第5章 企業破綻の際の犯罪
 第6章 債権回収と犯罪
 第7章 独占禁止法違反の罪
 第8章 知的財産権法違反の罪
 第9章 会社法違反の罪
〔関連資料〕 関係法令一覧

詳細

発行 民事法研究会
編・著者名 経営刑事法研究会/井窪保彦
税込定価 4,428円(税込)
発行日 2017年11月09日
ページ数 453ページ
ISBN:9784865561869

参考リンク

書籍詳細(株式会社 民事法研究会)