弁護士・弁理士紹介

竹下守夫

経歴

1955年 東京大学法学部卒業
1957年 東京大学大学院社会科学研究科修士課程修了(法学修士)、司法研修所(第11期)
1959年-1972年 立教大学法学部専任講師・同助教授、一橋大学助教授を歴任
1963年 東京大学大学院社会科学研究科博士課程修了(法学博士)
1965年-1967年 アレキサンダー・フォン・フンボルト財団給費研究生として西ドイツ(当時)に留学
1972年-1996年 一橋大学教授
1996年 一橋大学名誉教授、駿河台大学法学部教授
1997年 弁護士登録(第一東京弁護士会)、阿部・井窪・片山法律事務所顧問
1999年 駿河台大学学長
2007年 駿河台大学総長
2010年- 駿河台大学顧問

所属団体等

  • 民事訴訟法学会会員、日独法学会会員
  • 法制審議会会長
  • 法務省特別顧問
  • 司法制度改革審議会委員(会長代理)
  • 最高裁判所民事規則制定諮問委員会委員
  • 最高裁判所家庭規則制定諮問委員会委員
  • 内閣法制局参与

著書等

  • 「不動産執行法の研究」(有斐閣)
  • 「民事執行法の論点」(有斐閣)
  • 「民事執行法における実体法と手続法」(有斐閣)
  • 「担保権と民事執行・倒産手続」
  • 「条解会社更生法」上・中・下(弘文堂)共著
  • 「条解民事執行法」(弘文堂)共著
  • 「国際倒産法」(商事法務研究会)編著
  • 「民事訴訟法【新版】」(弘文堂)共著
  • 「裁判法【第四版】」(有斐閣)共著
  • 「注釈民事訴訟法(1)(2)(3)(6)(7)(9)」(有斐閣)共同編集
  • 「会社訴訟・会社更生法(裁判実務体系3)」(青林書院)共同編集
  • 「注釈民事保全法(上)」(青林書院)共同編集
  • 「模範六法」・「コンサイス六法」(三省堂)共同編集

その他多数の論稿等がある。