弁護士・弁理士紹介

黒田 薫

経歴

1996年 京都大学理学部化学系卒業
1998年 京都大学大学院理学研究科化学専攻博士前期課程修了
1998年 - 2000年 いおん特許事務所勤務
1998年 弁理士登録
2000年 阿部・井窪・片山法律事務所入所
2004年 - 2006年 慶應義塾大学大学院法務研究科
2006年 司法研修所(第60期)
2007年 弁護士登録(第一東京弁護士会所属)、阿部・井窪・片山法律事務所勤務
2010年 - 2012年 海外研修
バージニア大学ロースクール卒業(法学修士号)、アメリカ合衆国連邦巡回区控訴裁判所(研修)、カークランド&エリス法律事務所(シカゴ)勤務
2011年 米国ニューヨーク州司法試験合格
2012年 米国ニューヨーク州弁護士登録、帰国
2012年 阿部・井窪・片山法律事務所復帰
2012年 - 2014年 工業所有権審議会試験委員(弁理士試験委員・意匠法担当)
2014年 - 特許庁 意匠出願動向調査-マクロ調査-委員会委員
2015年 - 知的財産教育研究・専門職大学院協議会(JAUIP)実務家コース講師
2015年 - 工業所有権情報・研修館自主研修「意匠判例研究会」講師
2015年 - 東京大学大学院新領域創成科学研究科 非常勤講師
2015年 - 一橋大学大学院国際企業戦略研究科 非常勤講師
2016年 - 神戸大学大学院法学研究科 非常勤講師
2016年 - 産業構造審議会知的財産分科会意匠制度小委員会 意匠審査基準ワーキンググループ委員

所属団体等

  • 日本弁理士会
  • 日本国際知的財産保護協会(AIPPI)

主な活動分野

弁理士として、化合物、薬品、機械の分野の出願手続業務を約8年間経験した後、2007年に弁護士登録し、国内外の企業を代理して、数多くの特許侵害訴訟・審決取消訴訟、不正競争防止法に関する訴訟に従事している。また、大規模な金融商品取引法に関する訴訟、船舶所有者等責任制限手続に携わった経験を有する。

著書等

  • 「商標実務入門 ブランド戦略から権利行使まで」(分担執筆)民事法研究会
  • 「特許権に基づく差止請求権制限の立法論的考察」(共著)NBL No.939 2010年10月15日号
  • 「新・注解特許法〔上巻〕〔下巻〕」(分担執筆)青林書院
  • 「米国特許訴訟Q&A150問」(分担執筆)AIPPI Japan
  • "Efforts To Establish Clear Standards For Exhaustion In Japan" Washington Journal of Law, Technology & Arts, Volume 7, Issue 4 Spring 2012 (Co-author)
  • 「Indirect Infringement of Patent for Combination of Drugs」AIPPI International Edition Vo.38 No.3
  • ”Study on Requirements for Claiming Damages Based on Lost Profits” AIPPI International Edition Vo.38 No.4 (Co-author)
  • 「欧州単一特許保護制度の歴史的考察」Law & Technology No.60(2013年7月号)
  • 「偶然等の事情により特許権侵害を構成する場合の差止めの必要性」ジュリストNo.1482(2015年7月号)
  • 「わたしの仕事、法つながり」法学セミナーNo.732(2016年1月号)
  • 「『同一の事実及び同一の証拠』の範囲」ジュリストNo.1488(2016年1月号)
  • 「ウェブサイトを利用した場合の「譲渡等の申出」」ジュリストNo.1494(2016年6月号)
  • 「知財高裁平成29年1月20日判決平成28年(ネ)第10046号特許権侵害差止請求控訴事件(知財高裁特別部)」AIPPI Vol.62 No.8(2017年8月号)