弁護士・弁理士紹介

飯田 岳

経歴

2000年 早稲田大学法学部卒業
2001年 司法研修所(55期)
2002年 弁護士登録(第一東京弁護士会)、阿部・井窪・片山法律事務所入所

所属団体等

  • 第一東京弁護士会 総合法律研究所 会社法研究部会 副部会長
  • 同 倒産法研究部会
  • 同 金融商品取引法研究部会
  • ABL協会

主な活動分野

企業法務を中心とする、会社法、金融商品取引法、倒産法、不動産法、一般民事法分野に広く携わっている。とりわけ会社の清算や事業再生の分野では、法的整理の申立代理人や管財人、管財人代理として関与したり、私的整理の債務者や債権者の法務アドバイザーとして関与するなど、多くの案件に携わってきた。

日常の法律相談や契約書の作成においては、形式的な法令の解釈からのリスク指摘に留まらず、お客様のビジネスを理解した上で、ビジネスの視点に立った具体的かつ建設的な提案をタイムリーに行えるよう心がけている。意見書や報告書などのプロダクトについては、内容はもとより体裁についても読み手にとって分かりやすいものとなるよう意識している。

訴訟を始めとする紛争案件では、想定されるシナリオについて徹底したシミュレーションを重ねたうえで、緻密な訴状、準備書面を作成することを旨としている。

著書等

  • 「会社法書式集」(編著)商事法務
  • 「コンパクト解説会社法1 株主総会」(分担執筆)商事法務
  • 「役員会運営実務ハンドブック」(分担執筆)商事法務
  • 「会社法関係法務省令逐条実務詳解」(分担執筆)清文社
  • 「民法(債権関係)改正法案 逐条解説」(編著)清文社
  • 「法務リスク・コンプライアンスリスク 管理実務マニュアル-基礎から緊急対応までの実務と書式-」(分担執筆)民事法研究会
  • 「平成27年5月施行 会社法・同施行規則 主要改正条文の逐条解説」(編集)新日本法規
  • 「企業再編の理論と実務-企業再編のすべて」(分担執筆)商事法務
  • 「Q&A平成26年改正会社法-社外取締役の規律見直し、多重代表訴訟制度の創設など-」(分担執筆)新日本法規
  • 「契約書作成の実務と書式」(分担執筆)有斐閣
  • 「倒産5法の実務知識」(分担執筆)清文社
  • 「法務リスク管理ガイドブック」(分担執筆)民事法研究会
  • 「新訂貸出管理回収手続双書 債権・動産担保」(分担執筆)金融財政事情研究会
  • 「企業不祥事と対応」(分担執筆)清文社
  • 「文書提出命令の理論と実務」(分担執筆)民事法研究会
  • 「銀行窓口の法務対策3800講〔IV〕 担保編」(分担執筆)金融財政事情研究会
  • 「倒産判例インデックス」(分担執筆)商事法務
  • 「リスク管理と企業規程の作成・運用実務」(分担執筆)第一法規
  • 「書式 告訴・告発の実務」(金融商品取引法部分担当)民事法研究会
  • 「アセット・ベースト・レンディングの理論と実務」(分担執筆)金融財政事情研究会
  • 「Q&A 新会社法の実務」(分担執筆)新日本法規
  • 「新会社法 A2Z 非公開会社の実務」(分担執筆)第一法規
  • 「金融商品取引法Q&A」(分担執筆)銀行研修社
  • 「動産譲渡担保をめぐる法的論点の概観」(共著)銀行実務2007年3月号
  • 「企業のための株主総会対策2008 動議への対応」週間法律新聞2008年6月13日号