弁護士・弁理士紹介

阿久津勝久

経歴

1992年 筑波大学第一学群自然学類卒業
1994年 筑波大学理工学研究科理工学専攻修了
1994年-1998年 シャープ株式会社(特許推進部)勤務
1998年-2002年 コナミ株式会社(知的財産部,IP渉外部)勤務
2003年-2011年 ユアサハラ法律特許事務所勤務
2005年 弁理士登録
2012年 阿部・井窪・片山法律事務所入所

所属団体等

  • 日本弁理士会

主な活動分野

シャープ株式会社在籍中は、家電および太陽電池の分野において、特許出願、実用新案登録出願、および権利化を経験した。その後、コナミ株式会社在籍中は、ゲーム装置およびゲーム装置用ソフトウエアの分野において、国内外の特許出願、権利化、および模倣品に対する訴訟および輸入差止等の権利行使を経験した。さらに、ユアサハラ法律特許事務所在籍中は、医療機器、自動車等を中心とする機械、電子制御の分野において、特許出願、権利化、無効審判、ライセンス交渉等を経験した。現在は、機械、電気、ソフトウエアの分野で特許出願、権利化業務を担当している。

著書等

  • 「社内に現存する知的財産の調査方法」『Q&A知的財産トラブル予防・対応の実務』新日本法規 (2006年)
  • 「企業内のパテントマップの作成・活用方法」『Q&A知的財産トラブル予防・対応の実務』新日本法規 (2006年)
  • 「反トラスト法違反は必ずしもパテント・ミスユースの抗弁とはならない」国際商事法務Vol.39 No.3 (2011年)