English
Topics
2014.12.1
当事務所の弁護士・弁理士らが「実践知財研究会『2014年知財の重要ポイント』〜これを聞かずに年を越せない!〜」と題する講演を行いました。担当弁護士・弁理士及びテーマは以下の通りです。
北原潤一弁護士 「今年注目の知財高裁大合議事件について」
日野真美弁理士・外国法事務弁護士 「米国最新判例」
広瀬史乃弁護士 「中国最新知財事情」
杉山共永弁理士 「審決取消訴訟と今年の動向」
2014.11.31
日野真美弁理士・外国法事務弁護士が質問者となり、平成26年6月13日東京弁護士会知的財産権法部において行われた「審判官に聞く−化学編」と題する講演の講演記録が知財研フォーラム2014年秋号Vol.99(一般財団法人知的財産研究所、2014年11月発行)に掲載されました。
2014.11.26
服部誠弁護士が、当事務所とデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー株式会社の共催による合同セミナーにおいて、「企業秘密流出の現状と予防策〜法律上の争点を中心に〜」と題する講演を行いました。
2014.11.25-28
植竹勝弁護士松本卓也弁護士が、一般社団法人全国地方銀行協会主催の「ABL講座〜フィールドイグザミネーション実践コース〜」において講師を務め、「ABLと譲渡担保権」「譲渡担保権の実行」と題する講義を行いました。
2014.11.20
小林純子弁理士が、日本弁理士会主催研修会「知的財産調停(及び仲裁)の心得」において、「依頼者からの相談、調停の受任から終了までの具体的な流れ」と題する講演を行い、寸劇「模擬調停」にも出演しました。
2014.11.20
須崎利泰弁護士が、日本コーポレートガバナンスネットワーク主催の講演会において、「会社役員の義務と責任(主に金融商品取引法の観点から)」と題する講演を行いました。
2014.11.15
伊藤尚弁護士が『再生手続開始の要件』の項目を執筆した「実務に効く 事業再生判例精選」(有斐閣・ジュリスト増刊)が発刊されました。
2014.11.15
伊藤尚弁護士が編集委員を務めた「全国版法律事務所ガイド2014 Vol.2」(商事法務)が発刊されました。
2014.11.13
佐長功弁護士原田崇史弁護士が執筆に参加した「専門訴訟講座8 倒産・再生訴訟」(民事法研究会)が発刊されました。
2014.11.7
須崎利泰弁護士飯田岳弁護士が執筆に参加した「企業再編の理論と実務−企業再編のすべて」(商事法務)が発刊されました。
2014.10
中村閑弁護士が執筆した「Recent Trends in Court Judgments Concerning Damages in Japanese Patent Infringement Litigations」と題する論稿がAIPPI International Edition Vol.39 No.6(AIPPI Japan、2014年11月発行)に掲載されました。
バックナンバー
当事務所名又は当事務所所属の弁護士名を騙る詐欺にご注意下さい。
当事務所名や当事務所所属の弁護士名を騙り、過去の倒産事件や投資詐欺による被害を回復するなどと虚言を弄して金銭の支払いを求める悪質な詐欺事案が報告されています。 架空の連絡に騙されないようご注意下さい。
詳しくはこちら
図書のご案内
バックナンバー
Contents Index
ご挨拶
s
事務所紹介
取扱業務内容
弁護士・弁理士紹介
執筆・講演
採用情報
アクセス
copyright